メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

日銀の異次元緩和って?=回答・小倉祥徳

お金を大量供給 量・質・金利の三次元

 なるほドリ 日銀の異次元緩和(いじげんかんわ)って何のこと?

 記者 日銀が黒田東彦総裁(くろだはるひこそうさい)のもとで、2013年4月に始めた大規模(だいきぼ)な金融(きんゆう)緩和策のことです。デフレ脱却(だっきゃく)に向けて、モノやサービスの価格である消費者物価(しょうひしゃぶっか)を前年比2%引き上げることを2年程度で達成する目標を掲げました。そのうえで国債(こくさい)を年間50兆円ペースで買い入れることや、株価(かぶか)などに連動する上場投資信託(じょうじょうとうししんたく)(ETF)の年1兆円の購入(こうにゅう)などを決め、大量のお金を供給することにしました。過去に例のない規模の緩和策のため「異次元」と呼ばれています。その後の追加緩和で国債購入は年80兆円、ETFは年6兆円まで引き上げられました。

 Q マイナス金利も聞いたことがあるよ。

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文1038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです