ヴェネチアン・グラス展

炎と技の芸術 タレント・はなさんが語る魅力 11月23日まで神奈川・箱根町の箱根ガラスの森美術館

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
会場では、レース・グラスの製作過程を部位を使って展示。目をくぎ付けにする
会場では、レース・グラスの製作過程を部位を使って展示。目をくぎ付けにする

表情豊か、ガラスの妙技 作り手のプライド映す

 「作り手のプライドが伝わる。すごく」。高原に初秋の風が吹いた一日、タレントのはなさんが神奈川県箱根町の箱根ガラスの森美術館で開催中の「炎と技の芸術 ヴェネチアン・グラス展」を訪問。ガラス芸術の世界にふれた。【三枝泰一、写真・松田嘉徳】

 1000年を超すベネチアン・グラスの歴史。会場を彩る100点に及ぶ作品。瞳が輝く。

 「光のあて方一つで、まったく変わる。ガラスって、本当に不思議」

この記事は有料記事です。

残り2409文字(全文2623文字)

あわせて読みたい

注目の特集