防蛾灯

加賀のガなしで 美味しいナシ 石川の梨園

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
黄色い防蛾灯が点灯し、幻想的な風景が広がるナシ園。左は日没後も作業が続く選果場=石川県加賀市で2016年9月、三村政司撮影
黄色い防蛾灯が点灯し、幻想的な風景が広がるナシ園。左は日没後も作業が続く選果場=石川県加賀市で2016年9月、三村政司撮影

 収穫期を迎えた石川県加賀市の「奥谷梨生産組合」の梨園。夜間には黄色い防蛾(ぼうが)灯が点灯し、幻想的な風景が広がっている。

 果汁を吸うガを寄せつけず、果実を袋で覆う必要がない。直接日光に当てることで梨の甘みが増すという。31.5ヘクタールに約1万5000本の木を植栽した「梨団地」。今年度は、約80…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文258文字)

あわせて読みたい

注目の特集