東京都

午後8時以降の職員の残業禁止へ 10月中旬から

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京都庁=東京都新宿区で、小出洋平撮影
東京都庁=東京都新宿区で、小出洋平撮影

 東京都の小池百合子知事は14日、職員の超過勤務を縮減するため、10月中旬から午後8時以降の残業を原則禁止すると発表した。小池知事は、仕事より育児や介護など家庭生活を大切にする「ライフ・ワーク・バランス」を掲げており、同日は庁内放送を通じて「一種のショック療法。仕事の効率化に取り組み、早く帰ることを競い合う風土に変えていってほしい」と職員に呼びかけた。

 残業禁止が始まるのは10月中旬以降で、午後8時に全庁を一斉消灯する。それ以降の退庁者は庁舎出口で確認し、所属部局に伝える。具体的な罰則は現段階では考えていないという。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文446文字)

あわせて読みたい

ニュース特集