メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全柔連

強化委員長に金野潤氏 女子新監督に増地克之氏

男子日本代表の井上康生監督は続投

 全日本柔道連盟は14日、東京都内で理事会を開き、山下泰裕強化委員長の後任に日大監督の金野潤氏(49)を選任した。女子日本代表は南條充寿監督が退任し、筑波大総監督の増地克之氏(45)が就任。男子日本代表の井上康生監督(38)は続投する。任期は強化委員長が2年。監督は4年で2020年東京五輪まで担う。

 金野氏は全日本選手権を2度制したが五輪や世界選手権の出場経験がなく、異例の人事。リオデジャネイロ五…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです