メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

聲の形 心の傷と向き合う若者

 ろうあの少女と同世代の少年少女たちが、差別やいじめ、友情などと向き合いながら成長していく姿を描く長編アニメーション。大今良時の連載漫画を、「映画けいおん!」などを手掛けた京都アニメーションの山田尚子が監督した。映像表現を駆使し、現代の若者たちの心の痛みを鋭く、同時に温かく描き出す。

 小学生の石田将也(しょうや)(入野自由)は、転校してきたろうあの西宮硝子(にしみやしょうこ)(早見沙織)に興味を抱くが、やがてクラスメートと一緒に硝子をいじめるようになる。だが、ある出来事をきっかけに将也もいじめられる側に。それから5年がたち、高校生になった将也は手話を覚えて、硝子に近づく。

 小学生たちが最初は硝子に優しく接するのに、次第に排除していく序盤の描写は極めて現代的だ。障害者と共…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1368文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです