検体取り違え

乳腺など切除 山形の県立病院

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 山形県立中央病院(山形市)は16日、80代と40代の女性患者の検体を取り違えて誤診断し、それぞれ乳腺とリンパ節を切除するミスがあったことを明らかにした。

 県側が16日午前に県議会で行った説明によると、6月下旬、検査した40代女性の検体と80代女性の検体を取り違え、80代女性を「葉状腫瘍」、40代女…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

あわせて読みたい

注目の特集