メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・母校をたずねる

茨城県立竜ケ崎一高/3 多様性支えた包容力 田島英一さん /東京

中国地域研究者・田島英一さん

 ◆中国地域研究者・田島英一さん

1980年度卒

 竜ケ崎一高は、いわゆる「ガリ勉」だけが集まる高校ではないという。慶応大教授で中国地域研究者の田島英一さん(54)=1980年度卒=も、さまざまな個性を持つ同級生たちと机を並べた。「でも、そんな多様性を支えてくださったのが、先生方。皆がそれなりに自分の『居場所』を見つけられる学校だった」と懐かしむ。【根本太一】

 慶応で教壇に立っています。研究、教育における信念は「良き批判の前提は良き理解であり、良き理解の前提…

この記事は有料記事です。

残り1888文字(全文2117文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです