メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

敬老の日

多可町発祥・50周年 秋篠宮ご夫妻、式典に出席 /兵庫

式典会場で出迎えた町民たちに歩み寄られる秋篠宮ご夫妻=兵庫県多可町中区のベルディーホールで、姜弘修撮影

 今年で制定から50年の節目を迎える「敬老の日」発祥の地の多可町で15日、敬老の日制定50周年記念式典が開かれ、秋篠宮ご夫妻が出席された。町は同日付で「敬老文化のまち宣言」をした。

 町によると、敬老の日は旧野間谷村(現・同町八千代区)の村長だった故・門脇政夫氏が1947年に村主催の敬老会を始め、翌年、村独自の祝日として9月15日を「としよりの日」と定めたのが始まりで、66年に国民の祝日に加わった。

 町文化会館ベルディーホールで開かれた式典では、井戸敏三知事が「多可町から敬老の精神を育む人々の輪が…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです