メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

敬老の日

多可町発祥・50周年 秋篠宮ご夫妻、式典に出席 /兵庫

式典会場で出迎えた町民たちに歩み寄られる秋篠宮ご夫妻=兵庫県多可町中区のベルディーホールで、姜弘修撮影

 今年で制定から50年の節目を迎える「敬老の日」発祥の地の多可町で15日、敬老の日制定50周年記念式典が開かれ、秋篠宮ご夫妻が出席された。町は同日付で「敬老文化のまち宣言」をした。

 町によると、敬老の日は旧野間谷村(現・同町八千代区)の村長だった故・門脇政夫氏が1947年に村主催の敬老会を始め、翌年、村独自の祝日として9月15日を「としよりの日」と定めたのが始まりで、66年に国民の祝日に加わった。

 町文化会館ベルディーホールで開かれた式典では、井戸敏三知事が「多可町から敬老の精神を育む人々の輪が…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  3. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. サウジ記者死亡 総領事館内で何が 皇太子批判の末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです