メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

敬老の日

多可町発祥・50周年 秋篠宮ご夫妻、式典に出席 /兵庫

式典会場で出迎えた町民たちに歩み寄られる秋篠宮ご夫妻=兵庫県多可町中区のベルディーホールで、姜弘修撮影

 今年で制定から50年の節目を迎える「敬老の日」発祥の地の多可町で15日、敬老の日制定50周年記念式典が開かれ、秋篠宮ご夫妻が出席された。町は同日付で「敬老文化のまち宣言」をした。

 町によると、敬老の日は旧野間谷村(現・同町八千代区)の村長だった故・門脇政夫氏が1947年に村主催の敬老会を始め、翌年、村独自の祝日として9月15日を「としよりの日」と定めたのが始まりで、66年に国民の祝日に加わった。

 町文化会館ベルディーホールで開かれた式典では、井戸敏三知事が「多可町から敬老の精神を育む人々の輪が広がり、多様な世代が共に生きる社会の実現につながっていくことを願っています」とあいさつ。戸田善規町長は「古里から提唱された敬老の精神をこれからも大いなる誇りとして次世代につないでいきます」と誓った。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです