メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

うけないギャグで客席が…

[PR]

 うけないギャグで客席が微妙な空気になったところで、「このネタのどこが面白いかと言いますと」と笑いをとる。昔なつかし初代林(はやし)家三平(やさんぺい)の「すべり芸」だ。もっともギャグが「すべる」という表現、使われ出したのは20年ほど前からという▲うけないばかりでなく、気まずいムードを生み出してしまうここ一番のギャグのすべりである。民進党の新代表選びでまず世の耳目を集めたのは、退任する岡田克也(おかだかつや)代表に対する蓮舫(れんほう)氏の発言、「大好きだけれど、本当につまらない男」という冗談の大すべりだった▲代表選では自らの強みとして「発信力」をアピールした蓮舫氏だが、自信のあるところにこそつまずきの石が潜んでいる。話術の巧みさはちょっとのズレで周囲を引かせてしまう。二転三転した二重国籍問題への対応も、意識していなかったズレの結果かもしれない▲もともと蓮舫氏の政治家としての資産ともいうべきその多文化的背景である。二重国籍も指摘された時点で率直な説明と、適切な措置がなされていれば資質を問われるたぐいの話ではなかった。すべった判断が生み出す気まずいムードは時に致命傷となる政治である▲野党第1党の女性党首は土井(どい)たか子氏以来となる蓮舫民進党新代表が選出された。だが米国でクリントン氏が当選すれば米独英、隣の韓国がそろって女性リーダーをいただく時代である。まずは政権を担える党にして、初めてうんぬんできる「ガラスの天井」だろう▲「人への投資」を代表選で訴えた蓮舫氏だった。今後はお得意の発信力にもまして政策の構想力において「すべらない話」を十分に仕込んでほしい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

    2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

    3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

    4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

    5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです