メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

民進「選挙の顔」優先 新代表に蓮舫氏 政権との対立軸課題

 民進党は15日の代表選で、知名度の高い蓮舫氏に党再建を託した。蓮舫氏は対案路線を掲げるが、次期衆院選に向けて安倍政権への対立軸を示せるかが課題となる。【野口武則、朝日弘行】

 「新世代の民進党だ。みんなで新しい世代を作っていく」。蓮舫氏は代表選出後の記者会見で、党のイメージ刷新をアピールした。蓮舫氏を支持した執行部の安住淳国対委員長は記者団に「彼女の良さは突破力だ。女性が活躍する時代だから大いに頑張ってほしい」とエールを送った。

 次期衆院選に向けて党勢回復の糸口がつかめない中、蓮舫氏が選ばれたのは党のイメージを一新させる切り札として「選挙の顔」を優先させたためだ。しかし、「顔」が代わっても、「中身」である政策面や野党共闘などの党運営で、岡田克也前代表の路線から独自色を打ち出すのは容易ではない。

この記事は有料記事です。

残り2145文字(全文2496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 長野・坂城の民家で3人死傷 現場に拳銃?2丁 殺人事件として捜査

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです