メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

14日正午のひまわりリアルタイムWebの画像。台風14号(左)と16号の雲の渦がはっきりと見える=情報通信研究機構提供

 2015年7月7日にひまわり8号のデータが公開され、その画像に多くの人が圧倒され、息をのんだ。情報通信研究機構が公開する「ひまわりリアルタイムWeb」は、世界で初めての「ほぼリアルタイムに気象衛星画像をフル画像で提供する」試みだ。

 いつ、どこにいてもこの衛星の画像を見ることができる。それだけだ。防災情報学の視点から言うと、このWebは何も教えてくれない。台風がいつ来るのか。どこに逃げればよいのか。そんな情報は何もない。ただし、今の台風の様子を確実に見ることができ…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]