メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風10号

シカ柵破損 被害逃れた作物に影響も 北海道

流水で地面が陥没し、宙づりになったシカ柵のくいと金網=北海道本別町で、JA本別町提供

 台風10号の豪雨による土砂流出で、北海道十勝地方ではエゾシカの食害を防ぐため広範囲に設置している侵入防止柵が壊れる被害が確認されている。今後、深刻な大雨被害の中でも何とか出荷できる状態の残った農産物が、畑地に入り込んだシカに荒らされる恐れがある。本別町の畑では既にシカの足跡が見つかっており、関係者は頭を抱えている。

 本別町や足寄町など十勝地方北部はシカの生息数が多く、農業関係者は日ごろから農産物被害に神経を使っている。道のまとめによると、2014年度の十勝地方のシカによる農業被害は約6億4700万円に上り、特に北部で被害が大きい。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです