メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蓮舫氏

代表選出も与党に漂う余裕「支持率上昇は限定的」

民進党代表選で新代表に決まった蓮舫氏(左から2人目)と手を携える前原誠司元外相(左)、岡田克也前代表(右から2人目)、玉木雄一郎国対副委員長(右)=東京都港区で2016年9月15日、内藤絵美撮影

 15日に民進党代表に蓮舫氏が選出され、政府・与党には憲法改正の与野党協議が進むとの期待が広がった。「安倍政権での改憲には反対」(岡田克也前代表)との姿勢の転換を蓮舫氏が代表選で掲げたからだ。一方、台湾籍を巡る蓮舫氏の説明が変遷した問題は尾を引き、「蓮舫民進党の支持率上昇は限定的」との見方が強い。与党には余裕が漂う。

 安倍晋三首相は15日の東京都内の講演で「弁舌の切れ味、豊富な政治経験がある。党首同士で正々堂々の議…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 河井前法相・案里夫妻 潔白なら「捜査中」でも説明可能

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. 新型肺炎 中国の死者計56人に 発症者は1975人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです