韓国サムスン電子

シャープの全株式を売却 資本提携解消

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 韓国サムスン電子が日本法人を通じて保有していたシャープの全株式を売却していたことが15日、分かった。サムスンは2013年3月にシャープに約103億円を出資し、当時は約3%の出資比率で第5位の大株主だった。シャープが今年8月に米アップル向けスマートフォン事業などで競合する台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入ったことから、資本提携を解…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集