メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「スナメリ」と「ベルーガ」の違い

バブルリングができる水族館の人気者 よく似た顔でも生態は別

[PR]

勅使河原「イルカにのった少年ですよ」
ケビン「その姿、とってもお似合いデスヨ! 城みちるさんダネ」 勅使河原「はい。古いレコードを見つけて、マネをしてみたんです!」 ケビン「『ベルーガ』ダネ」 勅使河原「『シロイルカ』のことですね?先日、水族館で『スナメリ』を見たんだけど、どう違うんですか?」 ケビン「さすがに質問がしっかりシテイルネ……。解説するので聞いてクダサイ!」
今回のテーマは「スナメリ」と「ベルーガ」の違いです。 勅使河原君も話していましたが「ベルーガ」と「シロイルカ」は同じ生き物です。いずれも、クジラやイルカの仲間ですね。 「スナメリ」は、ネズミイルカ科に属する小型のイルカ。体長は1.5〜2メートルくらいで、全身灰色です。顔が丸く、くちばしや背びれがありません。 日本近海や東南アジア、インド洋、アフリカ東海岸などに生息しています。
「ベルーガ」は「スナメリ」に比べるとかなり大型です。体長は、大きい個体で4メートル以上にもなり、体色は白、頭部の出っ張りが特徴的です。北極海などの寒帯の海に生息しています。 高音の澄んだ声を出すことから「海のカナリア」と呼ばれます。 どちらも、人間が笑っているような、可愛らしい顔をしていますよね。日本国内の水族館でも飼育されていて、会いに行くことができます。 ケビン「バブルリングを作って楽しませてくれマスネ!」
勅使河原「バブルリングって何ですか?」 ケビン「イルカが口から出す、空気の輪っかのことデスヨ!」 勅使河原「可愛いですよね! 僕にもできるのかな……」 ケビン「ちょっと分からないナ……。練習してみてクダサイ!」 勅使河原「頑張ります!」 ケビン「勅使河原クンもやっぱり少年なんデスネェ」
勅使河原「『ベルーガ』は『シロイルカ』!大きいですよ!」
今回のまとめです。 「スナメリ」は体長約1.5メートル。暖かい海にすむ。 「ベルーガ(=シロイルカ)」は体長約4メートル。寒い海にすむ。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです