メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山梨と「青い目の人形」たち

交流90年を前に/4止 つながる 研究通じ「人間交流」 /山梨

青い目の人形や答礼人形「山梨富士子」について研究した志村真裕希さん=甲府市愛宕町の山梨英和中で

米博物館から情報提供

 県内に現存する「青い目の人形」のうち、1体だけ、贈られた小学校や幼稚園とは別の場所で保管されている人形がある。富士川町民俗資料館(同町最勝寺)に展示されている「ヘルン・モナーちゃん」だ。毎週水曜と日曜、第2土曜日に開館し、一般の人も目に触れることができる。

 米国生まれのヘルン・モナーちゃんは1927年、小室尋常小(現・富士川町立増穂南小)にやってきた。太平洋戦争中は「敵国の人形」と見なされ、多くが廃棄された。ヘルン・モナーちゃんは、学校の近所に住んでいた婦人が「人形に罪はない」と自宅の倉庫に保管していたという。かぶっている青い毛糸の帽子も婦人による手作りと言われている。

 ヘルン・モナーちゃんは、同資料館2階に展示されている。人形について広く知ってもらおうと説明員の長澤…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです