メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

辺野古移設、国が勝訴 攻防激化、遠い決着

 辺野古の埋め立てにストップをかけた沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事の決断は「違法」と判断された。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡る違法確認訴訟で、知事側敗訴を言い渡した16日の福岡高裁那覇支部判決。勝訴した国が移設工事再開に自信を深める一方、知事側は大きな打撃を受けつつも徹底抗戦の構えを崩さない。司法の場で決着する見通しはなく、双方とも法廷闘争後を見据え、激しい攻防が続く。

 「国の主張を追認し、県民の気持ちを踏みにじる判決は到底受け入れられない。大変厳しい状況で長い長い闘いになるが、新辺野古基地は絶対に造らせない信念で頑張っていく」。16日夕、県庁で記者会見に臨んだ翁長知事は、敗訴判決にも移設阻止に向けて揺るがない決意を示した。

 知事の埋め立て承認取り消し処分が「違法」とされたことに沖縄側はショックを隠せない。県関係者は県内外の世論への影響を懸念する。「知事を支える県内の人たちの中に、『やっぱり駄目か』という空気が流れないか」と心配し、「裁判で負けた沖縄はもう移設を受け入れるべきだ」との声が県外で高まらないかと危惧する。

この記事は有料記事です。

残り1843文字(全文2327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです