メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党

蓮舫代表、人事で試練 野田幹事長、挙党態勢に影

民進党両院議員総会を終え、言葉を交わさず引き揚げる蓮舫代表(右)と野田佳彦幹事長(中)=民進党本部で2016年9月16日午後3時16分、小出洋平撮影

 民進党の蓮舫代表が16日に野田佳彦前首相を幹事長に起用した人事は、党内を混乱させている。役員人事は一気に発表するのが通例だが、「野田幹事長」への反発で人選が進まず週明けに持ち越され、以前からの「ばらばら」状態が表面化した。残る人事での挙党態勢構築が、早くも課題となった。

 「若干少ない気もするが、賛成多数と理解する」。16日の両院議員総会で、人事承認を求めた司会の赤松広隆元農相は、まばらな拍手に苦しい司会進行を迫られた。出席議員は60人だけで国会議員の半分以下。委任状提出者は67人に上った。

 総会では逢坂誠二衆院議員が「2012年に(衆院選で)議席を失い、14年でも国会へ帰れなかった人たち…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです