メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

総裁任期議論、全派閥で 本部役員「3期9年」軸に

 自民党は16日、党則で連続2期6年までの総裁任期の延長を議論する「党・政治制度改革実行本部」役員を発表した。本部長の高村正彦副総裁を含め16人。全8派閥から1人以上が入り、バランスに配慮した。初会合は20日で、「3期9年」などの案を軸に検討を進める。来年の党大会での党則改正を目指す。

 党内では、「ポスト安倍」と目される石破茂前地方創生担当相や岸田文雄外相が懐疑的な姿勢を崩していない。両派を取り込むことで、「恣意(しい)的な決め方…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです