メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Forca・パラスポーツの力

挑戦続ける不屈の精神=山本左近

 元F1ドライバーのザナルディ(49)=イタリア=は2001年9月、ドイツで行われたカート・シリーズの事故で、両足切断のアクシデントに見舞われた。誰もが彼のキャリアが終わったと考えたに違いない。ただ一人、ザナルディを除いては。

 想像できない早さでレース界に復帰し、世界ツーリングカー選手権(WTCC)で活躍した。その後、手でこぐハンドサイクルを用いた自転車競技に転向し、12年ロンドン・パラリンピックで二つの金メダルを獲得した。リオデジャネイロ大会でも、14日にあった男子ハンドサイクル個人ロードタイムトライアル(運動機能障害H5)で金メダルを獲得した。

 僕の最も尊敬するドライバーであり、真のアスリートである彼のレースを見ることが、リオで最も楽しみにしていたことの一つだった。レースはビーチ沿いの道路を封鎖して行われた。右コーナーが二つ、ヘアピンカーブが四つという構成のサーキットで、僕が向かったのはヘアピンカーブだ。その理由はブレーキングとコーナリングに興味があったから。フェンス沿いにしゃがんで見ると、迫ってくる自転車が車輪の音とともに、タイヤと車…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです