メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Forca・パラスポーツの力

挑戦続ける不屈の精神=山本左近

 元F1ドライバーのザナルディ(49)=イタリア=は2001年9月、ドイツで行われたカート・シリーズの事故で、両足切断のアクシデントに見舞われた。誰もが彼のキャリアが終わったと考えたに違いない。ただ一人、ザナルディを除いては。

 想像できない早さでレース界に復帰し、世界ツーリングカー選手権(WTCC)で活躍した。その後、手でこぐハンドサイクルを用いた自転車競技に転向し、12年ロンドン・パラリンピックで二つの金メダルを獲得した。リオデジャネイロ大会でも、14日にあった男子ハンドサイクル個人ロードタイムトライアル(運動機能障害H5)で金メダルを獲得した。

 僕の最も尊敬するドライバーであり、真のアスリートである彼のレースを見ることが、リオで最も楽しみにしていたことの一つだった。レースはビーチ沿いの道路を封鎖して行われた。右コーナーが二つ、ヘアピンカーブが四つという構成のサーキットで、僕が向かったのはヘアピンカーブだ。その理由はブレーキングとコーナリングに興味があったから。フェンス沿いにしゃがんで見ると、迫ってくる自転車が車輪の音とともに、タイヤと車…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです