メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

辺野古移設、県敗訴 攻防激化、遠い決着 県、徹底抗戦の構え

 辺野古の埋め立てにストップをかけた沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事の決断は「違法」と判断された。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡る違法確認訴訟で、知事側敗訴を言い渡した16日の福岡高裁那覇支部判決。勝訴した国が移設工事再開に自信を深める一方、知事側は大きな打撃を受けつつも徹底抗戦の構えを崩さない。司法の場で決着する見通しはなく、双方とも法廷闘争後を見据え、激しい攻防が続く。

 「国の主張を追認し、県民の気持ちを踏みにじる判決は到底受け入れられない。大変厳しい状況で長い長い闘いになるが、新辺野古基地は絶対に造らせない信念で頑張っていく」。16日夕、県庁で記者会見に臨んだ翁長知事は、敗訴判決にも移設阻止に向けて揺るがない決意を示した。

この記事は有料記事です。

残り1986文字(全文2322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

  5. 新型コロナ 休業要請全解除、北九州以外実施 福岡県・来月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです