メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪

陸上男子1万メートル 東京五輪も九電工で目指す タヌイ選手「銀」報告

 リオデジャネイロ五輪陸上の男子1万メートルで銀メダルを獲得したポール・タヌイ選手(25)=ケニア=が12日、所属先の九電工(福岡市南区)であった報告会に出席した。約100人の社員らに出迎えられたタヌイ選手は「最高の仲間と素晴らしい環境に感謝している」と述べた。

 多くの長距離ランナーを輩出してきたカレンジン族出身で、2009年に来日。10年に全日本実業団対抗の男子1万メートルで初優勝を飾ると、13年の世界選手権で3位に入るなど着実に力をつけた。

 リオ五輪では日本で鍛えた粘り強いレース展開を見せると、最終週で大きく前に出た。残り100メートルで王者のモハメド・ファラー選手(英国)に抜かれたものの、その差はわずか0・47秒。「とても幸せだ」と充実のレースとなった。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです