閣僚資産公開

復興相が東電株保有 副復興相も妻名義で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
今村雅弘復興相(左)と橘慶一郎副復興相
今村雅弘復興相(左)と橘慶一郎副復興相

 8月の内閣改造に伴う新任閣僚らの資産公開で、今村雅弘復興相(衆院比例九州)と橘慶一郎副復興相(衆院富山3区)が、本人や親族の名義で東京電力の株を保有していることが分かった。復興政策を担うトップとナンバー2がそろって東電から配当をもらう株主であることに、原発事故に今なお苦しむ福島から疑問の声が出ている。

 今村氏は、東電の持ち株会社である東京電力ホールディングス(HD)の株を自身の名義で8000株(時価総額約320万円)保有している。過去の資産公開などによると、今村氏は2009年の衆院選に当選した時点で4000株保有。その後、同年と翌年に2000株ずつ買った。16日、閣議後の記者会見で「事故前から保有し、資産として少しずつ買い増した。手をつけない、凍結ということで理解してもらうしかない」と説明。復…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1241文字)

あわせて読みたい

ニュース特集