メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

首脳会議、政策行程案を協議「信頼の再構築」目指す

 【ブラチスラバ八田浩輔】欧州連合(EU)離脱を決めた英国を除くEU27加盟国が16日、スロバキアの首都ブラチスラバで非公式の首脳会議を開いた。英国の離脱後の結束維持を再確認すると同時に、欧州市民からの「信頼の再構築」を目指し、重点政策の行程表案を初めて示して協議した。

 トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は、欧州で右派をはじめとする反体制政党への支持が拡大していることを踏まえ、英国の選択を「英国特有の事象とみなすのは致命的な誤り」と述べて、EU全体の教訓と位置づけた。そのうえで今回の首脳会議を「欧州市民の信頼を再構築する」(EU高官)ための場とし、世論調査で関心が高いテロや難民・移民問題など安全保障政策の見直しを議論の中心…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです