豊洲市場

空洞の水に基準値の4割のヒ素 共産都議団

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
水がたまった青果棟の地下。コンクリートが敷設されていない砕石層がむき出しの場所では、深いところで約15センチの水たまりができていた=東京都江東区で2016年9月16日午後2時10分、宮間俊樹撮影
水がたまった青果棟の地下。コンクリートが敷設されていない砕石層がむき出しの場所では、深いところで約15センチの水たまりができていた=東京都江東区で2016年9月16日午後2時10分、宮間俊樹撮影

 共産党都議団は16日、豊洲市場の青果棟地下の空洞にたまった水を分析したところ、環境基準値の4割のヒ素が検出されたと発表した。豊洲市場の土壌では元々環境基準値を超えるヒ素が検出されており、共産党は「地下水由来の水が(空洞内に)上がってきたという我々の推測を裏付ける結果だ。全ての建物にたまった水と大気を抜本的に調査すべきだ」と指摘した。

 共産党は14日、青果棟地下を視察し、採取した水の分析を民間の検査機関に依頼した。ヒ素は1リットル当たり0.004ミリグラム検出された。ベンゼン、六価クロム、シアンについても分析を依頼したが、測定できなかった。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文925文字)

あわせて読みたい

ニュース特集