ぜんそく

発症の仕組み解明 血管にたんぱく質 千葉大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アレルギー疾患の発症の仕組み
アレルギー疾患の発症の仕組み

 ぜんそくなど重いアレルギー疾患を引き起こすたんぱく質を発見し、発症の仕組みを解明したと、千葉大の中山俊憲教授(免疫学)のチームが16日の米科学誌サイエンス・イムノロジーに発表した。このたんぱく質の働きを止める抗体を投与することで根本的な治療が期待できるという。

 ぜんそくは気管支などが炎症を起こし、気道がふさがって呼吸困難を引き起こす。アレルギー反応を起こした病原性免疫細胞が血管の外に出て…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

あわせて読みたい

注目の特集