メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

全日本女子の南條監督が退任会見「勉強になった」

共にリオデジャネイロ五輪を戦った全日本女子の近藤亜美(左端)、松本薫(左から2人目)、中村美里(右端)から花束を受け取る南條充寿監督(右から2人目)=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで2016年9月16日、藤野智成撮影

 今月末で退任する柔道全日本女子の南條充寿監督(44)が16日、東京都内で記者会見を開いた。暴力問題という不祥事からの立て直しに取り組んだ約3年半を振り返り、「私が何かをしたのではなく、選手らが何をしなくてはいけないかを自覚して進んでくれた。一生忘れられない経験で、すべてのことが勉強になった」と晴れやかな表情で振り返った。

 南條監督は2013年3月、暴力的指導問題の影響で辞任した園田隆二前監督の後を受けて就任。自らは五輪…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです