メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

児童虐待なくすには=総合研究大学院大教授・長谷川眞理子

=望月亮一撮影

「共同繁殖」社会全体で

 この数年にわたって、児童虐待の件数はどんどん増えている。2005年度には3万4472件だったのが、15年度には10万3260件になった。身体的虐待、心理的虐待、性的虐待と、カテゴリーはいろいろあるが、いずれも、子どもが親を含む養育者からさまざまな被害を受ける事態である。

 実際に「児童虐待」の発生頻度が増えているのか、それとも、以前は見過ごされていたものに対し、人々の意識が変化して通報が増えたのか? どうもそれは後者であるらしい。子どもが虐待死することをもっと積極的に防がねばということで、以前よりもさまざまなところが介入するようになった。その結果、一般の人々からの通報も増えているのだろう。

 しかし、そもそも、なぜ親を含む養育者が子どもを虐待するのか? 理念的には、養育者は子どもを愛し、子…

この記事は有料記事です。

残り1372文字(全文1731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  3. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです