メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Forca・パラスポーツの力

プレーが偏見消した=広瀬俊朗

 リオデジャネイロに来て、数日たってあることに気付いた。街に出て、車いすで生活をしている人に会うのが僕の日常の一つになり、偏見が無くなった。

 実は、今まではどこかひねくれた見方をしていたことを知った。変化の理由は、パラリンピアンのパフォーマンスである。予想を上回るスピード、車いすの扱い方、限界への挑戦。気迫。まさにアスリートそのもの。その様子を見ていると、車いすに乗ってプレーすることが一つのスポーツに見えてくる。

 その背景には、とてつもない努力があると思う。彼らの体は、一人一人違う。その体に合ったトレーニングを考えていかないといけない。これは本当に大きなチャレンジとなる。僕らラグビー日本代表の4年間の努力とは比べものにならない。そう思うと、感情のコントロールが利かなくなり、涙が流れてくる。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに1228人の感染確認 北海道は1週間連続200人以上 新型コロナ

  2. ORICON NEWS のん、THE BLUE HEATSの名曲「キスしてほしい」をカバー、新WEB動画で"むずがゆい恋"を表現

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです