メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Forca・パラスポーツの力

プレーが偏見消した=広瀬俊朗

 リオデジャネイロに来て、数日たってあることに気付いた。街に出て、車いすで生活をしている人に会うのが僕の日常の一つになり、偏見が無くなった。

 実は、今まではどこかひねくれた見方をしていたことを知った。変化の理由は、パラリンピアンのパフォーマンスである。予想を上回るスピード、車いすの扱い方、限界への挑戦。気迫。まさにアスリートそのもの。その様子を見ていると、車いすに乗ってプレーすることが一つのスポーツに見えてくる。

 その背景には、とてつもない努力があると思う。彼らの体は、一人一人違う。その体に合ったトレーニングを考えていかないといけない。これは本当に大きなチャレンジとなる。僕らラグビー日本代表の4年間の努力とは比べものにならない。そう思うと、感情のコントロールが利かなくなり、涙が流れてくる。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  4. 再びの緊急事態宣言 「春までもつか…」客数9割減、膨らむ借金 苦境の居酒屋

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです