メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベンチャー企業

タクシーを未来の足に 函館の大学が設立 配車・運行、新システム構築

 公立はこだて未来大(北海道函館市)の松原仁教授が、横浜市のIT企業「アットウェア」と共同で、公共交通の新たなシステム構築を目指すベンチャー企業「未来シェア」を設立した。同大学が主導するベンチャー設立は初めて。システムはITの活用で効率的な移動ルートを選びタクシーなどを派遣する仕組みで、今後、高齢者など交通弱者が増えると予想される地方での活用を目指す。【遠藤修平】

 同大学で研究しているのは、「デマンド型交通システム」。タクシーやバスなどの移動手段をコンピューター…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです