メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベンチャー企業

タクシーを未来の足に 函館の大学が設立 配車・運行、新システム構築

 公立はこだて未来大(北海道函館市)の松原仁教授が、横浜市のIT企業「アットウェア」と共同で、公共交通の新たなシステム構築を目指すベンチャー企業「未来シェア」を設立した。同大学が主導するベンチャー設立は初めて。システムはITの活用で効率的な移動ルートを選びタクシーなどを派遣する仕組みで、今後、高齢者など交通弱者が増えると予想される地方での活用を目指す。【遠藤修平】

 同大学で研究しているのは、「デマンド型交通システム」。タクシーやバスなどの移動手段をコンピューターで一元管理し、利用者がスマートフォンで現在地▽目的地▽利用人数−−を入力して呼び出し、リアルタイムで配車される仕組みだ。念頭に置いているのはタクシーなどで、主に自家用車を配車する米ウーバー・テクノロジーズなどのサービスとは異なるとしている。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです