メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラトビア

「帰ってきて」訴え…EU加盟後、国民流出

「帰国キャンペーン」について話し合うラトビア協会の関係者と地元メディアら=リガ市内で2016年9月10日、ラトビア協会提供

 【ウィーン三木幸治】バルト3国のラトビアが、欧州連合(EU)の基本原則の一つである「移動の自由」に逆行して、西欧で暮らす国民を自国に呼び戻すキャンペーンを続けている。2004年のEU加盟後、若者を中心に西欧への移民が増え、人口が1割以上も減少したからだ。政府関係者は「有能な若者が戻ってくるかどうかは国の存亡に関わる」と危機感を強める。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです