メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラトビア

「帰ってきて」訴え…EU加盟後、国民流出

「帰国キャンペーン」について話し合うラトビア協会の関係者と地元メディアら=リガ市内で2016年9月10日、ラトビア協会提供

 【ウィーン三木幸治】バルト3国のラトビアが、欧州連合(EU)の基本原則の一つである「移動の自由」に逆行して、西欧で暮らす国民を自国に呼び戻すキャンペーンを続けている。2004年のEU加盟後、若者を中心に西欧への移民が増え、人口が1割以上も減少したからだ。政府関係者は「有能な若者が戻ってくるかどうかは国の存亡に関わる」と危機感を強める。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文559文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです