メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺人形

3Dプリンターで作製 笑顔もう離さない

仏壇の前に置かれた実久さんの遺人形。生前、一番楽しそうに過ごした旅行の時の姿が、3Dプリンターで立体的によみがえる=香川県善通寺市で、貝塚太一撮影

 「小さなったね……」。香川県善通寺市から駆けつけた父親は、大阪市中央区の3Dデータ制作会社「ロイスエンタテインメント」で完成したばかりの娘の実久(みく)さんの人形を手に取ると、人目をはばからずに涙を流した。

 小学5年だった実久さんは2014年1月、下校途中に自動車にはねられ、9日後に息を引き取った。…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです