メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アルゼンチン軍事政権 暗黙の共謀で「誘拐殺人」

 1980年代初めのアルゼンチン。プッチオ家は、当主アルキメデスのもと、妻のエピファニアに息子3人と娘2人が、ブエノスアイレス郊外の高級住宅地で暮らしています。お食事の前にはお祈りをし、お料理が美味(おい)しいとほめて、食事の後には学校の勉強を手伝う。ほとんど戯画的なほど礼儀正しく敬虔(けいけん)な家族です。でも、家族が住んでいないはずの部屋に、食べ物が運ばれていく。プッチオ家の近所では誘拐事件が続いている。幸せな家庭の裏に秘密が潜んでいるようです。

 この一家、身代金目的の誘拐をして暮らしているんですね。お金持ちに目をつけ、車で連れ去り、公衆電話か…

この記事は有料記事です。

残り1299文字(全文1599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです