メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

東京・新宿 内藤とうがらし 「江戸で評判」特産復活へ /東京

赤く実った「内藤とうがらし」を収穫する「とうがらし女子」のメンバー=東京都練馬区大泉学園町で

プロジェクト広がる

 東京・新宿が江戸時代、トウガラシの一大産地だったことをご存じだろうか。当時のそばブームと相まって、薬味として江戸中の評判だった「内藤とうがらし」。辛さは「タカの爪」の半分で、香りがよく風味豊か。明治期に栽培が途絶えた「内藤とうがらし」を復活させるプロジェクトが、広がりをみせている。【篠崎真理子】

 緑のじゅうたんに、ルビーを散らしたような赤い実が点在する。ぷっくりとふくらんだ「内藤とうがらし」の…

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1613文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
  3. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  4. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト
  5. 「小6がゲーム取り上げられ包丁振り回す」事例も ゲーム障害による人格崩壊とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです