特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

東京・新宿 内藤とうがらし 「江戸で評判」特産復活へ /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
赤く実った「内藤とうがらし」を収穫する「とうがらし女子」のメンバー=東京都練馬区大泉学園町で
赤く実った「内藤とうがらし」を収穫する「とうがらし女子」のメンバー=東京都練馬区大泉学園町で

プロジェクト広がる

 東京・新宿が江戸時代、トウガラシの一大産地だったことをご存じだろうか。当時のそばブームと相まって、薬味として江戸中の評判だった「内藤とうがらし」。辛さは「タカの爪」の半分で、香りがよく風味豊か。明治期に栽培が途絶えた「内藤とうがらし」を復活させるプロジェクトが、広がりをみせている。【篠崎真理子】

 緑のじゅうたんに、ルビーを散らしたような赤い実が点在する。ぷっくりとふくらんだ「内藤とうがらし」の実だ。暑さが残る9月初旬、東京都練馬区大泉学園町の関越道と住宅に挟まれた農業、加藤晴久さん(57)の畑では、学習院女子大(新宿区戸山)の学生ら約15人でつくる「とうがらし女子」のメンバーが、収穫作業にあたっていた。

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1613文字)

あわせて読みたい

注目の特集