メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京に生きる・技と人

/7 龍村美術織物織り手・岩間利夫さん 憧れと志が磨いた「宝」の腕 /京都

両手を素早く動かして帯を織る岩間利夫さん=京都市上京区の龍村美術織物烏丸工場で、小松雄介撮影

 龍村美術織物(本社・京都市中京区、龍村旻(きよし)社長)の烏丸工場(上京区)へ、自転車で通勤する。約15分。帰りは地形上、やや上りになるので20分ほど。「前は歩いていたけれど、さすがにやめました」。そう言って笑う「織り手さん」の岩間利夫さんは、今年で82歳になった。自転車になったといっても、なお足腰が丈夫な証拠だ。

 1894(明治27)年創業の同社は、帯地をはじめ、古代から伝わる「名物裂(ぎれ)」の復元なども手がける。創業者である初代・龍村平藏の帯地の仕事について、作家、芥川龍之介は「何よりもこの芸術的完成のために、頭を下げざるを得なかったのである」と、大正期に東京日日新聞紙上で最大級の賛辞を贈った。その伝統のもと、多様な技で織りなす多様な織物は、社名の通り「美術品」の域。そこに「会社の宝」と呼ばれる職人が…

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  4. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです