メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京に生きる・技と人

/7 龍村美術織物織り手・岩間利夫さん 憧れと志が磨いた「宝」の腕 /京都

両手を素早く動かして帯を織る岩間利夫さん=京都市上京区の龍村美術織物烏丸工場で、小松雄介撮影

 龍村美術織物(本社・京都市中京区、龍村旻(きよし)社長)の烏丸工場(上京区)へ、自転車で通勤する。約15分。帰りは地形上、やや上りになるので20分ほど。「前は歩いていたけれど、さすがにやめました」。そう言って笑う「織り手さん」の岩間利夫さんは、今年で82歳になった。自転車になったといっても、なお足腰が丈夫な証拠だ。

 1894(明治27)年創業の同社は、帯地をはじめ、古代から伝わる「名物裂(ぎれ)」の復元なども手が…

この記事は有料記事です。

残り1564文字(全文1773文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手おとがめなし 無免許運転の捜査終了
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  4. 2019参院選 選択の現場から/下 性的少数者支援 「多様な社会」どう実現 議論深化に当事者期待 /埼玉
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです