メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

演劇評論家、小田島雄志さんの著書…

[PR]

 演劇評論家、小田島雄志(おだしまゆうし)さんの著書「シェイクスピアに学ぶ老いの知恵」に紹介されている劇中のせりふがある。「この世界はすべてこれ一つの舞台、人間は男女を問わずすべてこれ役者にすぎぬ、それぞれ舞台に登場してはまた退場していく」▲さいたま市に拠点を置く高齢者劇団「さいたまゴールド・シアター」は今年5月に亡くなった演出家の蜷川幸雄(にながわゆきお)さんが10年前に設立した。55歳以上の人をオーディションで選んだ。主婦、元公務員、元会社員……。平均年齢は77歳だ▲車いすの高齢の男女が集団で舞台の中央に進んでいく。男は紋付きはかま、女は留め袖姿。シェークスピア原作、蜷川さん演出の「リチャード二世」は華やかな宮殿の場面で幕を開ける。この演劇を見た時、一人の劇団員にひきつけられた。90歳になる最高齢の女性だ▲30歳から中学の勉強をやり直し、定時制高校を経て大学でロシア文学を学んだ。パンフレットには「何でも夢とファイトがあればできる」とあった。3時間に及ぶ劇で時に高貴に笑い、時に悲しみに沈み、役を演じ切った▲蜷川さんを失い、落ち込む劇団員もいた。それでも誰一人劇団をやめなかった。生きている限り、芝居をしたいと。蜷川さんが企画し、一般公募の高齢者を中心に12月に上演される「1万人のゴールド・シアター2016」に参加するという▲長く人生の舞台に立ち続けた人は深い喜びや悲しみを重ねている。それぞれの個人史を基に、演劇という表現を通して新しい自分に出会えるのではないか。鬼才が目指した舞台からは、老いることで得られるものが伝わってくる。きょうは敬老の日。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

    4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです