メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・スローらいふ

旅の思い出、ノートに整理

記者が作ってみた古墳巡りの旅ノート

 近所を歩くだけでも気持ちのいい季節がやってきた。せっかくなので、散歩や旅の思い出を後で振り返ることができるように記録しておきたい。情報を1冊のノートにまとめる独自の整理術で人気のライター、奥野宣之さん(35)に手軽な記録法を聞いた。

 ●体、頭を使う作業

 「パソコンでブログを書くのもいいけれど、手先を動かしてやったことはなかなか忘れない。ノートにまとめると、体も頭も使う。その過程が、たとえツアー旅行でも自分だけの体験にしてくれる」と奥野さんは言う。旅や散歩の前、途中、後に分けて、ノートのまとめ方を聞いた。

 まずは旅の前。雑誌などですてきな場所を見つけたら、切り抜いてノートに張っておく。近くの花のきれいな公園でも、簡単には行けそうもない外国の風景でもいい。「どこに行きたい」と聞かれてすぐに答えられなくても、ノートを見返せば、自分がどんな場所を求めているか参考になり、出かけたい気持ちを「醸成」する効果もあるという。情報源は自治体の広報誌、駅にある無料のパンフレットなど身近にたくさんある。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです