メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Forca・パラスポーツの力

見る、する、支える=伊藤華英

 リオデジャネイロ・パラリンピックは金メダル10個を目標に掲げていた。日本選手団のメダル獲得数を見て、その目標を達成できなかったと誰もが感じるだろう。でも、パラリンピックにおいて、メダル数や成績が注目されたことは過去にあったのだろうか。ちょっとした進化にみえる。

 インタビューでほとんどの選手が2020年東京大会への思いを語った。今まで注目されるのは一部の選手だけだったが、今大会はさまざまな選手がいて競技があることを知った。リオ市民の明るさや会場を占める一体感は東京大会で生かしていける。彼らの明るさが会場に花を添えた。

 競泳は、4人のメダリストが誕生した。残念ながら女子でメダル獲得はなかったが、男子200メートル個人メドレー(知的障害)で銅メダルの中島啓智(千葉・中山学園高)はまだ17歳。4年後に期待が膨らむ。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです