メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Forca・パラスポーツの力

見る、する、支える=伊藤華英

 リオデジャネイロ・パラリンピックは金メダル10個を目標に掲げていた。日本選手団のメダル獲得数を見て、その目標を達成できなかったと誰もが感じるだろう。でも、パラリンピックにおいて、メダル数や成績が注目されたことは過去にあったのだろうか。ちょっとした進化にみえる。

 インタビューでほとんどの選手が2020年東京大会への思いを語った。今まで注目されるのは一部の選手だけだったが、今大会はさまざまな選手がいて競技があることを知った。リオ市民の明るさや会場を占める一体感は東京大会で生かしていける。彼らの明るさが会場に花を添えた。

 競泳は、4人のメダリストが誕生した。残念ながら女子でメダル獲得はなかったが、男子200メートル個人メドレー(知的障害)で銅メダルの中島啓智(千葉・中山学園高)はまだ17歳。4年後に期待が膨らむ。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです