メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中朝関係

古代王朝思想が影響 毛沢東・金日成時代

沈志華氏=河津啓介撮影

 【北京・河津啓介】中国・華東師範大学の沈志華教授が未公開の資料などをもとに中朝関係史をたどった著書「最後の『天朝』 毛沢東・金日成時代の中国と北朝鮮」(岩波書店、訳者・朱建栄東洋学園大教授)を日本で出版した。「血で固められた友誼(ゆうぎ)(友情)」とされる関係は毛沢東時代に作り出された「神話」と指摘する著書の背景などについて、沈教授に聞いた。

 −−毛沢東時代の中朝関係の特殊性とは。

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです