メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオパラ

日本、史上初の金ゼロ 女子マラソン土田は4位

 【リオデジャネイロ岩壁峻】南米で初めて開催された第15回夏季パラリンピック・リオデジャネイロ大会は最終日の18日、日本勢が出場した最後の種目となった女子マラソン(車いす)で、2004年アテネ大会銀メダルの土田和歌子(41)=八千代工業=はトップと小差の4位となり、メダルを逃した。この結果、日本の総メダル獲得数は24個(銀10、銅14)となり、初参加した1964年東京大会以来、初めて金メダル数がゼロに終わった。

 18日午後8時(日本時間19日午前8時)からリオデジャネイロ市のマラカナン競技場で閉会式が行われ、…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです