メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオパラ

日本、史上初の金ゼロ 女子マラソン土田は4位

 【リオデジャネイロ岩壁峻】南米で初めて開催された第15回夏季パラリンピック・リオデジャネイロ大会は最終日の18日、日本勢が出場した最後の種目となった女子マラソン(車いす)で、2004年アテネ大会銀メダルの土田和歌子(41)=八千代工業=はトップと小差の4位となり、メダルを逃した。この結果、日本の総メダル獲得数は24個(銀10、銅14)となり、初参加した1964年東京大会以来、初めて金メダル数がゼロに終わった。

 18日午後8時(日本時間19日午前8時)からリオデジャネイロ市のマラカナン競技場で閉会式が行われ、12日間の祭典が幕を閉じる。式典には東京都の小池百合子知事が出席してパラリンピック旗が手渡され、2020年東京大会に引き継がれる。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです