メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

野田暉行(作曲家) 音に身をゆだね 個性的な邦楽がCDに

野田暉行 作曲家

 現代作曲界の重鎮、野田暉行(てるゆき)(76)の邦楽作品5曲を取り上げた、「邦楽四重奏団」(箏(そう)=中島裕康、寺井結子(ゆいこ)、十七絃(げん)=平田紀子、尺八=黒田鈴尊(れいそん))のコンサートの模様がライブCDとして今秋発売される。邦楽器に一部、チェロも加わるなど個性的なアンサンブルは、苛烈と静謐(せいひつ)が混交し、深みをたたえている。邦楽、洋楽のジャンルの差を感じさせない作品の来歴について野田に聞いた。

 津市に生まれた野田は「戦後、邦楽や漫才などが娯楽になっていて、幼いころ三味線や太鼓、端唄・小唄をよ…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1381文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです