メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 避難生活「先見えない」 福島で被災、僧侶・藤井さん講演 /富山

原発事故被災者の現状を紹介する藤井賢誠さん=富山市総曲輪2の本願寺富山別院で、青山郁子撮影

 東京電力福島第1原発事故で、福島県双葉町で被災した僧侶、藤井賢誠さんの講演会が16日、富山市総曲輪2の本願寺富山別院で開かれた。帰還困難区域に指定され、現在は福島県いわき市に居住。先の見えない避難生活の惨状を説明し、「現状を知り、関心を持ち続けてほしい」と呼びかけた。

 被災者支援のため、浄土真宗本願寺派の僧侶、門信徒で2012年に結成した「災害被災者支援ネットワーク・富山」(温井昭典・事務局長)の主催…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです