雅楽奉納

英彦山で 幻想的な雰囲気、聴衆うっとり 東儀さん神宮奉幣殿を訪問 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
奉幣殿をバックに高千穂宮司(左)と記念撮影に応じる東儀さん
奉幣殿をバックに高千穂宮司(左)と記念撮影に応じる東儀さん

 雅楽師の東儀秀樹さんが19日、添田町の英彦山神宮奉幣殿で、笙(しょう)と篳篥(ひちりき)の演奏を奉納した。東儀さんが、奉幣殿再建400周年記念コンサートを同町で開くのに合わせて、奉納が実現した。

 奉幣殿前には、あいにくの雨の中、ファンや参拝客約50人が集まった。緩やかに流れる霧に、「即興で演奏した」(東儀…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

あわせて読みたい

注目の特集