メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

パラリンピック金ゼロ 日本、強化遅れ

 リオデジャネイロ・パラリンピックが閉幕した。五輪では金12個を含む史上最多の41個のメダルを獲得した日本だが、パラリンピックは1964年東京大会から13大会続いた金メダルの獲得が途切れた。これから加速する2020年東京五輪・パラリンピックの準備で、東京都の小池百合子知事はバリアフリー化を最優先に会場整備を進める姿勢を強調した。【田原和宏、リオデジャネイロ飯山太郎】

 日本は金メダルの目標数をロンドン大会の倍の10に掲げたが、車いすテニスの国枝慎吾(ユニクロ)、競泳の木村敬一(東京ガス)らエースが勝てなかったのが痛かった。日本パラリンピック委員会(JPC)の鳥原光憲会長は「私も予想外。大至急、総括して体制を立て直したい」と語った。

 世界の競技レベルは想像を超える速さで高まっていた。大会組織委員会によれば、リオ大会でマークされた世界新記録は210。ロンドン大会でも200を超える種目で世界記録が出ており、この4年間で競技のレベルが一段と向上した。その象徴が、陸上の男子走り幅跳び(膝下切断)で2連覇したマルクス・レーム(ドイツ)。優勝記録は前回を86センチ上回った。

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文2080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです