メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン20周年 勇気呼ぶ音楽の力

共演する東京フィルハーモニー交響楽団 (C)上野隆文

生きる 〜2017 New Year若い命を支えるコンサート

 「生きる〜2017New Year若い命を支えるコンサート」が来年1月15日、横浜市の横浜みなとみらいホールで開かれる。10回目の節目の開催。日本楽壇の重鎮でチェリストの堤剛さん、ピアノ界きっての大型新人・反田恭平さん、渡辺一正さん指揮による東京フィルハーモニー交響楽団が記念のステージを飾る。例年、チャリティー特有のぬくもりあるステージで、気鋭の新人と熟練の演奏を楽しめるうえ、初々しい才能のデビューにも立ち会える三つの魅力を持つコンサートとして人気が高い。今年も多彩な演奏家たちが病気と闘う若い世代の患者に、音楽を通して励ましのエールを送る。【田口幸、鈴木隆】

 「生きる」は、毎日新聞社が取り組み続けて20年になる「小児がん征圧」を目的とするチャリティーの総称…

この記事は有料記事です。

残り3080文字(全文3443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです