メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄・サキタリ洞遺跡

世界最古、貝製の針出土 釣り師、旧石器人 2万3000年前

世界最古となる釣り針の完成品(左、2万3000年前)と、製作途中の未完成品(右、2万3000〜1万3000年前)。いずれも貝製=那覇市の沖縄県立博物館・美術館で、大森顕浩撮影

 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)は19日、同県南城市のサキタリ洞(どう)遺跡で、世界最古となる2万3000年前の貝製の釣り針が出土した、と発表した。これまで国内で確認された釣り針は縄文時代以降のものしかなく旧石器時代は初。釣り針で取ったとみられる魚の骨も出土した。旧石器時代の水産資源利用の実態を示す初の資料で、当時の生業を考える上で極めて重要な発見となる。【大森顕浩】

 出土したのは、完成品1点(幅14ミリ、2万3000年前)と未完成品1点(幅16ミリ、2万3000〜1万3000年前)。ニシキウズ科の巻き貝の底部を割って削った。完成品と同じ年代の地層から、ブダイ科、アイゴ属の海魚の骨、川で取れるウナギ属の骨が出土した。化石保存に適した石灰岩質を含む地層のため、溶けずに残った。

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです