メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

スマホっ子の風景 竹内先生の新教育論 「スマホ断ち合宿」から見えたこと/上

え・藤田哲哉

欲しいのは実生活の充実

 8月16〜20日、瀬戸内海の無人島で、兵庫県の子どもたち(小5〜高2)14人と「オフラインキャンプ(スマホ断ち合宿)」を行いました。

 参加したのは、スマートフォン(スマホ)を手放せないなど、ネットとうまくつきあえない子どもたち。文部科学省委託事業で、兵庫県青少年本部が開催しました。私と学生たちは企画段階から関わりましたが、教育としてのこのような取り組みは全国初です。久里浜医療センター(神奈川)が医療機関として、長く取り組んでいるので、センターの方に多くの助言をいただきながらの実施でした。この合宿から見えてきたことを書いてみます。まず、今回の特徴は大きく二つです。

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです