メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

新型エンジン地上燃焼実験に成功

 【北京・西岡省二】北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、北西部の「西海(ソヘ)衛星発射場」(平安北道東倉里(ピョンアンプクドトンチャンリ))で「静止衛星運搬ロケット」に使う新型大出力エンジンの地上燃焼実験を実施して成功した、と報じた。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が立ち会い、「さまざまな用途の衛星をさらに多く製造し、発射して、わが国を数年内に静止衛星保有国にすべきだ」と述べた。

 北朝鮮が主張する「衛星打ち上げ」は事実上の長距離弾道ミサイル発射であり、同国による弾道ミサイル技術を使ったすべての発射は国連安全保障理事会決議によって禁じられている。だが、金委員長は国際社会の意向を無視する形で「衛星打ち上げ」に踏み切る構えを見せた形だ。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです