メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法成立1年

若者や母親、連なる「ノー」

「平和憲法を守れ」などと声を上げ、商店街を歩く参加者ら=高松市で2016年9月19日午後2時44分、岩崎邦宏撮影

 安保関連法の成立から1年を迎えた19日、各地で同法廃止を求める声が上がった。国会前では抗議集会が行われ、主催団体によると約2万3000人が参加。この日、全国400カ所以上で抗議行動があったという。西日本では台風16号の接近に伴う悪天候の中で集まった若者や母親たちが、同法自体や成立過程に対し改めて「ノー」を突き付けた。

 広島市中区では、アーケードで市民ら約60人が「戦争法は廃止を!」と書いた横断幕を掲げたり、チラシを配ったりして、安保関連法の廃止を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです