安保法成立1年

若者や母親、連なる「ノー」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「平和憲法を守れ」などと声を上げ、商店街を歩く参加者ら=高松市で2016年9月19日午後2時44分、岩崎邦宏撮影
「平和憲法を守れ」などと声を上げ、商店街を歩く参加者ら=高松市で2016年9月19日午後2時44分、岩崎邦宏撮影

 安保関連法の成立から1年を迎えた19日、各地で同法廃止を求める声が上がった。国会前では抗議集会が行われ、主催団体によると約2万3000人が参加。この日、全国400カ所以上で抗議行動があったという。西日本では台風16号の接近に伴う悪天候の中で集まった若者や母親たちが、同法自体や成立過程に対し改めて「ノー」を突き付けた。

 広島市中区では、アーケードで市民ら約60人が「戦争法は廃止を!」と書いた横断幕を掲げたり、チラシを配ったりして、安保関連法の廃止を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文942文字)

あわせて読みたい

注目の特集